練習日誌〔4/6〕

 練習日誌[4/6]

 

練習日誌 4月6日(木)

竹内先生 石井先生

 

練習曲

◎ 「グレゴリオ聖歌」

本番は自分と向き合い体をつかって思ったより大きな声で歌う。

 

◎ 「Cantate Domino in B ♭」

P6 quo-ni-am ma-  もっとしゃべり息ずかいを合せる。

歌いたい、箇所はならす。

P8 46小節〜 e---ius S を揃える。

ハモル感覚が欲しい と指導を受けました。

 

〜本番は自分と向き合い体(五感)をつかって丁寧に歌いましょう〜

 

次回の練習 4月20日(木)

 

自主練習 10時〜12時

ソプラノ 和室B メゾ 鶴の間 アルト講座室C

自主練習12時半〜 リベラだよりにて

本練習13時45分〜講座室C

竹内先生 石井先生


練習日誌〔3/23〕

練習日誌 3月23日

竹内先生、柏原先生、石井先生

4月12日の横浜ゴールデンウェーブまで後3回。

まず発声練習。自分の体と向き合う。

自分を一本の管楽器と考え、菅に空気を通す。高い音は早く、低い音はゆっくり通す。空気を横隔膜に届くよう吸う。

そして歌う。自分の体の事ばかり気をつけると、今度は内向きの声になり、表現がなくなる。

もっと健康的に歌おうと指摘される。

力を抜いて、そして元気に!ラテン語の発音の仕方も一語一語練習した。

母音の発音、子音と母音の組み合わせに気をつける。

日本語と違う点など。来週までよくおさらいをしておこう。


練習日誌〔3/16〕

練習日誌 3月16日(木)

柏原先生 石井先生

 

練習曲

[Cantate Domino in B♭]

 

発声練習

発声の息の蛇口として横隔膜を使う練習をしました。

力をぬいて息を吸い横隔膜で圧をつくり息を吐く、息が通り声が出ると言われました。

 

奥歯の力をぬくとノドが開くのがわかりました。

Cantate Domino を初めは コ コ コ〜で歌い後から歌詞で歌いました。

 

体をつかって通っている管を意識し歌うことは正に歌はスポーツであることを

理解できた練習でした。

 

次回の練習 3月23日(木)

自主練習 12時半 リベラだよりにて

本練習   13時45分 講座室A

竹内先生 石井先生 柏原先生


練習日誌〔2/16〕

練習日誌 2月16日
竹内先生 石井先生

カンターテ ドミノ
「全体的に歌う」
旋律的に竜が動くように繋げて
歌う。

「メロデックに歌う」
嬉しさ、喜びを表現する時は
そのような身体の状態で歌う。

これから、歌にいろんな表情を重ねて
楽しみですね。
他の上手なコーラスの合唱を
聴いて参考にしましょう。

自主練習 23日10時より


練習日誌〔2/9〕

練習日誌 2月9日(木)
竹内先生 石井先生

練習曲
[Cantate Domino in B♭]

11小節 喜ばしい時に歌われたのでイキアツがほしい。音をよせる。
18小節 o mnis ter からの>decresc.  重要です。
27小節 三声になった時、より喜びを表現する。
46小節 e ius ソプラノと下パートをしっかり揃える。
59小節〜 ハーモニー感を合わせる意識をもつ。
69小節〜 76小節 ソプラノパートにM1,アルトパートにM2が分かれて歌う。
81小節〜 教会の鐘がなり響いているイメージで歌う。

〜ラテン語は難しいですが二月中に暗譜をしましょう〜

[グレゴリオ聖歌]
3小節 to rum  ' u' の母音を揃えるのが重要です。

[糸]    [時代]
正しく歌うこと。本番のレパートリーとしてつかう。

次週の練習 2月16日(木)

自主練習 10時〜12時ソプラノ会議室E メゾ会議室B1 アルト講座室A
自主練習 12時30分〜13時30分ソプラノ会議室E メゾ和室A アルト講座室A
本練習 13時45分〜16時15分 講座室A
竹内先生 石井先生

 


練習日誌〔1/26〕

練習日誌 1月26日(木)
平中先生 石井先生

練習曲
「Cantate Domino」
歌詞をつけて歌った。はじめてのラテン語でその発音とそのことばの意味も分らず
ひたすら音譜の動きにこの言葉がどのようについているのか戸惑いながら歌ってみた。

まずは楽譜どおりに(音程とリズム)歌えるようにすることが必要だと思った。

「糸」と「時代」
何となく知っている歌だけど、合唱として歌うのには楽譜をよく見て正確にそして
パート全体の動きなど意識して歌うことが大切。(いつもと同じこと)

次週の練習 2月2日(木)

自主練習 12:30〜13:30 ソプラノ講座室C メゾ会議室C アルト会議室E
本練習 13:45〜16:15 講座室C
竹内先生 石井先生
 


練習日誌〔1/19〕

練習日誌 1月19日
平中先生 石井先生

Cantate Domino の音取り
各パート別に丁寧にご指導を受けました。
次ぎにソプラノパートとメゾ、 メゾとアルトと
2パートに別れて和音に
気をつけながら歌いました。
全パートで歌う時も石井先生が音を
入れてくださったので歌いやすかったです。
最後にラテン語の発音を教わりました。

綺麗な祈りの曲です。
冊子の最後の松下耕先生の曲への
思いを読んでおきましょう。

1月26日 自主練習 10時からあります。


練習日誌〔1/12〕

練習日誌1月12日(木)
竹内先生 石井先生

リベラは”めざせ普通の合唱団”を目標に新年の練習がスタートしました。

練習曲
「糸」
リズムを正しく音をたっぷりつなぐ、はねないように。
音取りとリズムが出来ていないので音程も気持ち悪い。体が憶えるまで練習する。

「時代」
音(音譜)を確認する。
再現能力を高め、まちがった聞き憶えで歌わないように(リズムを正確に)

〜歌は体で憶えること。正しい音をだす意識をもち練習に励みましょう〜

次回の練習 1月19日(木)
音取り Cantate Domino in B6

パート別練習 10時〜12時
自主練習 12時半〜
本練習
平中先生 石井先生 13時45分〜講座室A
 


練習日誌〔12/8〕

練習日誌12月8日(木)
竹内先生 平中先生 石井先生

「冬景色」
・ハモるための要因は正しい音で歌おうとするより息の方向、音量をそろえる。
からだの使い方をそろえる。
・ハーモニーが分からなくなったらコードの中の音ならどれでもよいので
その音を歌う。
・1番は全体で2回目はラララで。間奏のあとの2番は元気に。
・アルトはソプラノより小さく歌う。

「クリスマス ソング」
・なれている歌でも譜面どおりに正確に歌う。
・’諸人こぞりて〜の Mo は準備して明るく。’主はきませり〜のリズムと
音程はきちんとすべらないように。
・「きよしこの夜」 1番は平中先生、2番、3番は全員で歌う。

ひらがな歌いにならないために子音と母音をくっつけないことがかんじんです〜

12月15日(木)
ふれあいの郷<慰問> 14時〜15時
ラ・ベルフォンテーヌ<忘年会> 慰問終了後

 


練習日誌〔11/24〕

練習日誌 11月24日 みぞれ
竹内先生 石井先生

いよいよエデンの発表会に向けての最後の
練習日となりました。

歌のリズム感
歌のストリーを頭で先へ先へと考えながら
何を伝え、表現したいのか、前へ前へと
意識して歌いましょう。
パートからパートへのストーリを
しっかり把握して繋げて歌いましょう。

美しい声
ハーモニーを意識しながら
生声でなく、上澄みで、時には綺麗な
声の人に響きを重ねましょう。
歌の最後の{た}をだらしなく広げない。

奈穂先生のおっしゃったように、
人に頼らないで、自分で出来る限りの
完成度で発表会にのぞみましょう。
そして富山へ繋げましょう。

自主練習 11月29日{火} 10時から講座室A


<< | 2/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode