ある映画を見ました

5月のある日、少し時間があったので、久しぶりに映画を観ました。
 『カルテット』という映画です。現役を退いた音楽家が入っている老人ホームのお話です。
私の興味を引いたのは、もちろん内容もそうですが、
この映画のモデルとなったのが、
イタリアのミラノにある音楽家の為の老人ホーム「憩いの家」であるということです。
しかもこのホームを作った人が、あのオペラ界の巨匠ヴェルディなのです。
ヴェルディは私財を投じて、この老人ホームを作ったという事なのですが、
なんと奇特な方なのでしょう。
・・・引退後の音楽家の事まで考えてくれたなんて・・・。
ヴェルディさんて、オペラもたくさん創って作曲家としてもすごいと思っていたのに、
音楽家の為の老人ホームまで作ってしまったなんて。
過去にも現在にもそんな人いたかなあ?・・・
コーラスを楽しんでいる普通のおばさんでも、このような老人ホームがあったら、
どんなにか近未来が楽しくなるのにと思う今日この頃です。
その為にも、歌をしっかり歌っておかないといけませんね。
ついでですが、映画『カルテット』という題名は、
ヴェルディのオペラ「リゴレット」の中の四重唱からとったものらしいです。
興味のある方は是非ご覧ください。
(アルト団員) 

コメント
「カルテット」見に行かれたのですね!見たいけど映画館が近くになかったのでまだでした。3日からは柏に来ますね。「アンコール」と共に見たいなぁと思う映画です。今年はヴェルディとワーグナー生誕200年であちこちでコンサートをしていますが、ホームを作ったなんて凄いですよね!
  • marino
  • 2013/08/01 7:23 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode