練習日誌〔8/3〕

練習日誌 8月3日(木)

竹内先生 石井先生

 

今日練習した曲について注意されたことなどを書き留めると、

 

「むぎや」

アルトは、ハミングのところの音程を正しく。

Uーのハミングは、M−のハミングより存在感を出す。

音の跳躍があるときは予測しておかないと遅れる。

メゾ、ソプラノは、メトロノームのような歌い方から、曲にのった歌い方へ。

付点音符のリズムは後ろの音符にちかづける感じ方で。

共通して、ジャントコイは、フランス語を話すように。

 

「春の雨」

小節の頭より、後ろにアクセントをもっていって。

明るく、深い声で歌って。深い 声とは、浅くない声です。

 

「潮騒をきく」

最初の出だし「うみよ」は、各音をクリアーに。

歌の中間部は、寄せては返す波を、表現して。そのためには、息を長く歌う。

また、息継は、それを感じさせないように、又、場所も考えて。

冒頭のメロディーが、結末にも出てくるが、同じように歌うのではなく、

「また帰ってきて歌える」という喜びを表現して。

各パートに、ハミングが、ところどころ出てくるが、

ハミングのところは、言葉にならない熱い感情が込められていると思って歌う。弱めないで。

 

来週は、休みになるが、家で各自おさらいしておこう。

 

次回の練習 8月17日(木)

自主練習 12時半〜 A 講座室C    M 会議室C   S 会議室E

本練習   13時45分〜

柏原先生   石井先生


練習日誌〔7/27〕

練習日誌  7月27日

竹内先生 石井先生

 

練習曲  潮騒をきく 春の雨 ぜんぶ むぎや

 

初めに"夏の思い出"をアカペラで歌う。音を半音づつ上げて歌った。

高い音になるほど歌い方の精度を高くすること。

 

「潮騒をきく」

海に向かって歌っていく気持ちをテンポを感じ表現する。

「春の雨」

P.37〜P.38 3パートがハモルように整理しておく。

ハモルには正しい自分の声を聴いて(隣りの音をきかない)他のパートとハーモニーする。

「ぜんぶ」

今日、分けたパートで練習しておく。

「むぎや」

P.43 ジャ ン ト コイ   歌詞も楽譜どをりに歌う。

〜3回の本番に向けて暗譜する曲も多数ですが、常に意識をもって練習しリベラの音楽をつくりましょう〜

 

次回の練習  8月3日(木)

自主練習 12時半〜  リベラだよりにて

本練習 13時45分〜 講座室C

竹内先生 石井先生


練習日誌〔6/29〕

練習日誌 6月29日(木)

竹内先生 石井先生

 

練習曲  大地讃頌 潮騒をきく 

 

発声と練習

歌い出しの音を発声し3パートがハモル練習をしました。上ずらないように明るく、

息を吸った時に音程が変わらないように常にアンサンブルの意識を持つこと。

 

合唱する時は器械的テンポだけではなく指揮を見て合せる意識が重要です。

曲の歌い出しは言葉(名詞や単語)をはっきり、いきいきと声を出す。

曲の中で強弱記号があるところは特に意識して歌う。

 

〜今回の曲はどの様に表現するかが課題です。曲想にこだわって練習しておきましょう〜

 

 

次回の練習 7月6日(木)

自主練習 12時半〜 リベラだよりにて

本練習 13時45分〜 講座室C

竹内先生 石井先生


練習日誌〔6/22〕

練習日誌 6月22日(木)

竹内先生 石井先生

リベラ公開練習日

3名いらっしゃいました〜 一緒に歌えてありがとうございました〜

 

発声練習

 

練習曲 

夏の思い出

大地讃頌

 

〜来週は今週の積み重ねの上にあるように各自復習しましょう〜

 

次回の練習 6月29日(木)

自主練習 12時半〜 リベラだよりにて

本練習 13時45分〜 講座室C

竹内先生 石井先生 


練習日誌〔6/1〕

練習日誌 6月1日

柏原先生 石井先生

 

練習曲  「糸」  「時代」

 

本番に活かせる発声・練習をしました。

自分の体に神経をつかいインナーマッスルを動かし力を抜きのどをリラックスして発声をする。

 

力を抜きたくさんの息を吸い神経をつかい発声し、のばしている時きは

キューとしないように(滑らかに)笑いの表情で声を前に飛ばす

 

◎ 「糸」  歌い出しも力ではなく神経をつかう。息の吸い方で歌が始まる

16小節〜18小節→力ではなく神経で。26小節→バウンドして息が昇るように

◎ 「時代」 17小節→まわる まわる・・・神経をつかい機敏に、舌先の位置に注意

言葉の覚え方→歌詞の中の対象物を具体的にイメージするとよい。 

 

*完全に暗譜して次回の練習に臨みましょう〜

 

次回の練習 6月8日(木)

グループ練習 12時30分〜13時30分

本練習 13時45分〜  講座室C

平中先生

石井先生


練習日誌〔5/25〕

練習日誌 5/25
平中先生 石井 先生

今日は、まず発声練習をした。息を入れて、ゆっくり吐く。

お腹の上あたりに空気をいっぱい入れて、その膨らみを保ち、8秒間吐くということを目指した。
肩を上げないで、息を吸うなど、難しかった。

先生のような美しい声を出すには、大事なことだと思う。
歌の練習は、本番が近いので、仕上げの段階だ。
今回の歌は、ポップス系なので、喋る曲だ。

言葉が多く合唱で歌うには、喋りを合わせなければならない。

拍子を感じて歌う。正確に歌い、揃える。そして、和音をつくり、声を重ねる。課題は、多い。
まず、先生の指揮を見て歌えるよう、暗譜しよう。

次回の練習    6月1日
自主練習       12時半から  リベラだより
竹内先生 石井先生


練習日誌〔5/18〕

習日誌 5月18日(木)

平中先生 石井先生

 

発声練習

スピード感を持って息を流す→ マアアアア〜 

奥歯の奥を開けて顔の中の空間を開く

高い音は目の上まで引き上げ発声→ アエアエア〜

ハモリの練習→各パート円になって(ファ ラ ドで)ハーモニーが合う練習

 

練習曲 「時代」 「糸」

 

「時代」楽譜に忠実に休符を守り縦の線を合せる

そんなアアじだいもオオあああああたねとオオオ (音をつなげる)

17小節〜41小節〜→リズムを体で感じて歌う 

 

「糸」 24小節〜28小節 全パート縦の線を合せ練習する

 

次回の練習 5月25日(木)

自主練習 10時〜12時・12時半〜13時半

本練習 13時45分〜講座室C

平中先生 石井先生


練習日誌〔5/11〕

練習日誌 5月11日(木) 

竹内先生 石井先生

練習曲  「時代」 「糸」

◎遅れる事なく同じ様に歌う意識を持つ(価値観の共有)

◎人数が多くても3〜4人で歌っている様に合せる意識を持つ(コンパクトに響く)

◎言葉のアクセント(強弱)がおかしい為音読と漢字に置き換えて日本語を意識して歌う

「糸」 43小節〜44小節カンニングブレスで歌う

「時代」 17小節(う)2拍  41小節(も)2拍に変更

次回の練習 5月18日(木)

自主練習 10時〜12時、12時半〜13時半  

本練習 13時45分〜(講座室A)平中先生 石井先生


練習日誌〔4/27〕

練習日誌 4月27日(木)


竹内先生 石井先生

練習曲 「糸」 「時代」


発声練習
手を回(円運動)している中でどこでも息を吸ってはき、息を回転させる。
ローローローロー〜〜〜〜で力を抜き体を引っぱるように発声する。
◎ 「糸」
?=68でリズを正確にとる。全パートの縦を合せそのウラを感じて歌う。

◎ 「時代」
リズムがずれない様にしっかりと歌う。

〜四つの音を積み重ね同時に響かせる練習をしました(和音)。合成された音色は
まとまった表現を感じました〜

 

次回の練習 5月11日(木)

自主練習 12時半〜 リベラたよりにて
本練習 13時45分〜 講座室C
竹内先生 石井先生


練習日誌〔4/20〕

練習日誌  4月20日(木)

竹内先生 石井先生

今日は、4/12のゴールデンウェーブの反省 から始まった。

カンターテドミノの私達の演奏と、YouTube に アップされた合唱団の演奏を二つ聴いた。

違いが、はっきりわかる。

私達の声は、一つにまとまっていない。

揃っていない。がちゃがちゃしてる。

あんなに素晴らしい会場で、歌えた満足感は消えてしまった。

で、今日の発声練習は、呼吸をしてから発声すること。

つまり呼吸と発声の境目作らないことに、気をつけた。

しばらくすると、発声練習では、一つにまとまって聞こえるよと言われた。

これに慣れて、歌を歌おう、「糸」と「時代」。聞きかじったままを歌わない。正確に、まとまって!!

音程、リズムがまだあやふやなところがあるので、家でおさらいをしておこう。

 

次回の練習    4月27日

自主練習       10時から  リベラだより

竹内先生 石井先生


| 1/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode