練習日誌〔11/8〕

練習日誌  11月8日(木)

 

竹内先生  石井先生

 

練習曲      「王朝」「シネマミュージックメドレー」

 

今週からグループに分かれ、竹内先生のご指導を頂きました。(30分)

・11月8日→グループ

 

・他のグループは、石井先生のご指導を頂きました。

→「王朝の風」を、発声のつもりで、階名&言葉を正確に(くっきり・はっきり・しっかり)意識して、歌いました。

・全員でも、はじめにマルカートで、歌いました。

 

・6/8の指揮の仕方・打点・歌いながらふる、等の、エネルギーの使い方、

音楽は、跳ねないで繋がっていてほしい、を体験からご導頂きました。

 

・31小節〜34小節 : 起承転結(音を感じるよう)に歌いましょう。

 

・35小節 : 前の節と同じ音のイメージで、歌いましょう。

 

→「シネマミュージックメドレー」

・Kからの3小節(SMA)を、各パート・ソロで…、の声が先生から、あがりました。

 

・2曲とも、カンニングブレスを意識して、音を感じて歌いましょう。

 

(きめ細やかなご指導を、ありがとう ございました。)

 

次回の練習  11月 15日(木)

本練習         13時45分〜(講座室C)

竹内先生  石井先生           


練習日誌〔11/1〕

練習日誌11月1日 平中先生 石井先生

 

発声練習    高音を出す時顎に頼らない。

 

「シネマミュージックメドレー  」

 

英語の歌詞の入れ方を確認しながら指導して頂きました。

語尾の入れ方を繰り返し練習しました。

 

「夕焼け」

 

転調を感じて歌う。ナチュラルが付いている音に注意。

 

「王朝の風」

 

「らた」のシ♭の音が低い。

ソプラノの旋律の言葉をよく揃える事。

メゾアルトのハーモニーを繰り返し練習。

 

 

各曲共、喉が詰まったような歌い方になる所を、「O」で歌い、良い声の出し方を体感してから、言葉で歌う練習をしました。

 

 

次回練習 11月8日(木)竹内先生 石井先生

講座室C 13:45〜16:15


練習日誌〔10/18〕

練習日誌10月18日 竹内先生  石井先生

「夕焼け」  自分に自信を持つ。みんなで合わせて良い音楽を作る。
先生が歌い方のお見本を、何度も歌って聞かせて下さいました。

「王朝の風」ソプラノはもっと音楽的に歌う。

メゾ、アルトはハーモニーを感じて、美しいハーモニーを作る。

意識する事で、がらっと変わる。
意識する事で出来るのだから、初めからみんなで意識する。

良いコーラス、良いハーモニーをみんなで作る、と言う事を改めて、考えさせられた今日のレッスンでした。

みんなで、美しいハーモニーも奏でられるように、アンテナ立てて、意識を高く持って頑張りましょう!

次回練習日 10/25(木)柏原先生 石井先生
講座室C  13:45〜16:15


練習日誌〔9/27〕

練習日誌 9月27日 (木) 平中先生 石井先生

 

発声練習

 

マー、モー(音が高くなるほど、目より上を、イメージする)

マメマメ(拍が送れないように)

 

シネマ

A メロディを歌っているのが、どこのパートかをはっきりさせる。グィとでてほしい。

R オクターブは、ずりあげないで、スムーズに。

S メゾ、アルトはRの時と同じ歌い方をする。楽しないで。

最後は、197小節に向かって歌う。その前に、使い果たさないこと。

 

王朝の風

もっと、はっきりした感じが、良いかも知れない。

ウー、アーの人が音楽を動かしていると、思ってもっと歌ってほしいです。

タイや、ふてん音符の音は、より歌ってあげる。

調号のついている音は、特に意識する。

 

夕焼け

最初の お母さんの入りが、遅れる。

P28まで各パート音取り。

 

 

次回練習 10月4日(木) 平中先生 石井先生

 

講座室C 13:45〜16:15-


練習日誌〔9/13〕

練習日誌  9月13日(木)

竹内先生  石井先生

練習曲      「王朝の風」、「シネマミュージックメドレー」

はじめに:
    先週ご指導して頂いた事を、忘れずに積みあげて、練習してまいりましょう!

発声において:
アルシス・ティシスの解説をして下さいました。

・「夏の思い出」を歌いました。(言葉の頭に重みが
くるように歌いましょう)

◎練習曲:何回も階名読みをして、覚えましょう。
「王朝の風」の歌詞をひもときながら、どのように歌ったら良いかを、ご教授下さいました。
(主観的な感情をださずに、タンタンと語るさまのように歌いましょう)

◎他:お二人の見学者がいらっしゃいました。

◎本日も、丁寧なご指導に、感謝致します。

次回の練習  9月20日(木)
本練習         13時45分〜(講座室C) 
 竹内先生  石井先生


練習日誌〔9/6〕

練習日誌    9月6日(木)柏原先生 石井先生

*発声練習

息の吸い方 舌の動かし方、使い方
奥歯で音をとらない

 

練習曲
*王朝の風 

音とり(エアエアで音を確認 身体を叩きリズムを感じる体感で半音を憶える)
2つのパートずつで、同じ音やぶつかる音、逆転する音などの確認

 

自分の身体を触りながらでも 自分の身体を使いこなす事を目標に
(使い方がそろうことで声もそろう)

 

教えてもらっている事ができているか 自分を感知できるように
頑張りましょう!♪

次回練習 9月13日(木) 13:45〜16:15 講座室C 公開レッスン
     竹内先生 石井先生


練習日誌〔8/30〕

練習日誌 8月30日 (木) 竹内先生 石井先生

 

今日は、公開レッスン日でした。

2名の方に、ご参加いただきました

一緒に歌いましょう!!楽しいですよ〜

 

先日は、守谷コーラスコンサート、お疲れ様でした。

 

発声練習 低い音はあまり、大きな声は出さない。

高い声を綺麗にだすのを、目標にする。

 

夏の思い出 指揮を見て、重いところ軽いところを表現する。

どんな曲でも、この事を感じてほしい。

 

雨に歌えば はっきり、リズムを立てる。楽しい感じで。

外国語は、日本語以上にしゃべる。

 

シェルブールの雨傘 合唱ぽく歌う

ノリというよりは、ガツンと、パチッと合わせて。

変更ーLからは、メゾは楽譜通りを歌う。

 

虹の彼方に 日本語の句読点に、気をつけよう。

3連符は、跳ねない(まほう)

ぃやーぃやー歌いで、歌う。

 

 

王朝の風 4連符の入れ方

 

 

次回練習 9月6日(木) 柏原奈穂先生 石井先生 講座室C 13:45〜16:15

 

# 次回は13:20から、体操が始まります。


練習日誌〔8/23〕

練習日誌 8月23日
竹内先生  石井先生

本番直前であり、久しぶりの竹内先生のレッスンでした。

発声練習  ビームのように真っ直ぐと。

おわら  初めの歌い方を修正しました。
アルト  P.14〜音程の注意あり。
 本番までに確認して直してくる事
メゾ  P.16 以前より注意されてい                      
た箇所の音程確認。どこで降りるのか確実に。声は上に向かって行く。

生きる  スタッカートテヌートの歌い方の指導あり。本番までに身につけましょう。

春の雨  大分良くなってきたとの事。更に精度を上げていこう。

金色の実  出だしと、P.43の♪枝という〜♪ソプラノ前列はメゾアルトと一緒に旋律を歌い、後列がルルル隊。
先生の指揮をよく見る。吸い付く  ように。
勝手にrit.しない。

いよいよ、26日はコーラスコンサート本番です。
聴きに来てくださったお客様に、良いコンサートだったね、と思って帰って頂けるように、

各自自分のできる最善を尽くしましょう。

次回練習8月30日は公開練習です。
竹内先生 石井先生 講座室A 13:45〜16:15

自主練はありませんので、13時30分体操が始められるよう各自準備して下さい。
 


練習日誌〔8/9〕

練習日誌 8月9日(木) 

柏原先生 石井先生
はじめに、
発声の基本(体をどう使うか)を、具体的に丁寧にご指導戴きました。
〔擇稜輪のように、肋骨の周りが広がっていくイメージを持続する。
⊆鵑龍敍は、つっぱらない。
舌は、かたくせずリラックスする。
ぢ里了箸なが、わからなくなった時、
赤ちゃんは、どうやって泣いているか(インナーマッスルを鍛えています)を、思ってみて下さい。

練習曲

1「春の雨」 2「生きる」 3「金色の実」 

◎ 歌の中で一番体が重くなっていた「春の雨」を、最後にまた、ご指導して下さいました。
(リズム感を体感する為、タップを取り入れ(風車のイメージをもって)て、繰り返し、ご指導して下さいました。

(きめ細やかな、沢山のご指導を戴きました。
ありがとうございました。)

次回の練習 8月23日(木)
本練習 13時45分〜(講座室C)
竹内先生 石井先生


練習日誌〔7/26〕

練習日誌(7/26)

 

練習日誌7月26日(木) 竹内先生 石井先生 

 

練習曲

 

*春の雨 ニャァニャァ歌い、遅れない、ぶつけない。

*生きる アルト、初めのソの音に注意 輝いてから、遅れる。

*金色の実 いのち恵まれて、ただー合わない。

*おわら音楽性の方向が見える。

 

リベラを上手くするには、みんなしかない、

可能性を出すのは、みんな次第と言うことです。頑張りましょう。

 

次回練習 8月2日(木) 竹内先生 石井先生

講座室C 13:30〜16:15

 

 


| 1/28PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode