練習日誌〔1/10〕

練習日誌 1月10日 (木)竹内先生 石井先生

 

新年1回目の練習でした。

コンサートに向けて、先生からプログラムについてのお話がありました。

 

発声練習

ハンドサインと和音でハモる練習

 

「越中おわら」

各パートが役割を考える。

主旋律と彩りのパートの役割

主旋律はしっかりと、彩りのパートは優しく歌う。彩りと立体感を出す。

 

息を揃える。

意識を揃える。

2度でぶつかるところは、ぶつかっている事がはっきりわかるように歌う。

他のパートと、違う動きをしているパートは旋律と同じくらい重要。

下行形は「翼を広げる」ように。

 

歌っている中で、乱れる所は、良かったと言われた時の感覚を繰り返す事。

 

 

コーラスで大切な事を、改めて繰り返し教えて頂きました。

 

 

練習後は、平中先生も来てくださって、新年会で楽しい時間を過ごしました。

 

次回練習 1月17日(木)竹内先生 石井先生

13:45〜16:15  講座室C

 


練習日誌〔12/20〕

練習日誌  12月20日(木)竹内先生  石井先生

はじめに今までの練習曲中で、15周年コンサートに歌いたい曲をあげました。

◎ハンドサインの練習をしました。
主和音(ドミソ)+(下記の音)。
ド→しっかり歌う。ミ→やさしく歌う(控えめ)。ソ→明るく歌う(やや控えめ)。
以降、応用して5月まで、継続します。

全体練習
「こきりこ」
^榮哀匹燃名読み。
ブラッシュアップする為、聴きあって、あわせていきましょう。(音量、透明感、ハモリ)

 

⊃人パート換えをしました。(曲目:こきりこ、おわら)
(本日が、今年・最後の練習となります。貴重な練習内容を忘れる事なく、みな様・良い年をお迎え下さい。)

 

ご指導して頂きました諸先生、本日もありがとうございました。

次回の練習  2O19年1月 10日(木)
本練習         13時45分〜(講座室C) 
竹内先生  石井先生           


練習日誌〔12/6〕

練習日誌12月6日(木)

 

竹内先生 平中先生 石井先生

 

先日は、コーラス.コンサートお疲れ様でした。

 

局先生の講評

 

コール・エデンさんの感想

 

竹内先生の講評

 

本練習

 

来週から、固定ドから移動ドの練習を始めます。

「コダーイ・システム」からハンドサインを、取り入れながら、移動ドの練習を始めます。

 

発声練習-平中先生

 

クリスマスソング-平中先生指揮-4曲

 

歌う人が、楽しく歌いましょう〓

 

夕焼け

自然に聞こえさせるには、どうしたら良いのか

 

シネマミュージックメドレー

 

ハミングは、カッチリと動く。

 

身体をさぼらせないで、きちんとしたところで出す。

 

*本番は、身体の感覚を、再現できるように意識を持つ。

 

 

12/20  「こきりこ」 「おわら」の確認をします。

 

 

よろしくお願い致しますm(_ _)m


練習日誌〔11/29〕

練習日誌  11月29日(木)竹内先生  石井先生

 

竹内先生のグループレッスン→グループ

 

石井先生のレッスン→「シネマミュージックメドレー」

 

全体練習

「シネマミュージックメドレー」

(雨に歌えば)言葉として聞こえるように、単語を切らないで歌う。

(雨だれのプレリュード)ピアノの伴奏から、情景をイメージして、Ahー、Humーを歌う。

(虹の彼方に)14頁15頁、テンポが遅れないように歌う。

 

「夕焼け」

,任世靴痢△かあさん〜→真っ直ぐに歌う。△曚鵑→明るく歌う。

最後の、ゆうやけだよ・ゆうやけだよ→遅くならないように歌う。

 

「王朝の風」

27小節〜、このおうちょうの→もう少しドラマティックに歌う。

35小節〜38小節→音量を小さく歌う。(MA)

74小節〜75小節、り〜んと  しべを→つなげて歌う。

 

※最後に、当日の曲紹介(2曲)とソロを歌う(SMA)をくじで決めておいて下さい。との事でした。

 

(本日も、きめ細やかなご指導を、ありがとう ございました。)

 

12月5日・コーラス コンサートvoI.5、にむけて、今までのご指導を振り返りながら、

ベストのコンディションで迎えられますように、頑張りましょう。

 

次回の練習  12月 б日(木)

本練習         13時45分〜(講座室A)

竹内先生  平中先生  石井先生           


練習日誌〔11/15〕

練習日誌11月15日(木)

 

竹内先生 石井先生

 

竹内先生のグループレッスン

11月15日ーグループ2  

 

他のグループは、石井先生に「シネマミュージックメドレー」の御指導を頂きました。

 

本番の並び方を、決めました。

今日は、楽譜を下ろしてほぼ暗譜で歌いました。

 

「シネマミュージックメドレー」

 

(雨に歌えば)の追いかけっこのところは、もっと待ってました感が欲しい。

受け答えを、はっきりするように。

短い音に、もっとエネルギーを入れる。

 

英語がもっと、聞こえて来ると良い。

 

(シェルブールの雨傘)

Lー歌い方を少し動かして、うねりをつけてみる。

 

「夕焼け」

まっすぐな歌い方で、身体を締めないように自然に歌う。

 

「王朝の風」

ボーカルから歌詞に移行する時、はっきりと違いを出す。

ボーカルは、全体小さめに歌う。

曲のイメージを、描いて歌う。

 

今日は、特にアルトが褒められました。

 

 

次回の練習 11月22日(木)

本練習  13時45分〜(講座室C)

竹内先生 石井先生

 


練習日誌〔11/8〕

練習日誌  11月8日(木)

 

竹内先生  石井先生

 

練習曲      「王朝」「シネマミュージックメドレー」

 

今週からグループに分かれ、竹内先生のご指導を頂きました。(30分)

・11月8日→グループ

 

・他のグループは、石井先生のご指導を頂きました。

→「王朝の風」を、発声のつもりで、階名&言葉を正確に(くっきり・はっきり・しっかり)意識して、歌いました。

・全員でも、はじめにマルカートで、歌いました。

 

・6/8の指揮の仕方・打点・歌いながらふる、等の、エネルギーの使い方、

音楽は、跳ねないで繋がっていてほしい、を体験からご導頂きました。

 

・31小節〜34小節 : 起承転結(音を感じるよう)に歌いましょう。

 

・35小節 : 前の節と同じ音のイメージで、歌いましょう。

 

→「シネマミュージックメドレー」

・Kからの3小節(SMA)を、各パート・ソロで…、の声が先生から、あがりました。

 

・2曲とも、カンニングブレスを意識して、音を感じて歌いましょう。

 

(きめ細やかなご指導を、ありがとう ございました。)

 

次回の練習  11月 15日(木)

本練習         13時45分〜(講座室C)

竹内先生  石井先生           


練習日誌〔11/1〕

練習日誌11月1日 平中先生 石井先生

 

発声練習    高音を出す時顎に頼らない。

 

「シネマミュージックメドレー  」

 

英語の歌詞の入れ方を確認しながら指導して頂きました。

語尾の入れ方を繰り返し練習しました。

 

「夕焼け」

 

転調を感じて歌う。ナチュラルが付いている音に注意。

 

「王朝の風」

 

「らた」のシ♭の音が低い。

ソプラノの旋律の言葉をよく揃える事。

メゾアルトのハーモニーを繰り返し練習。

 

 

各曲共、喉が詰まったような歌い方になる所を、「O」で歌い、良い声の出し方を体感してから、言葉で歌う練習をしました。

 

 

次回練習 11月8日(木)竹内先生 石井先生

講座室C 13:45〜16:15


練習日誌〔10/18〕

練習日誌10月18日 竹内先生  石井先生

「夕焼け」  自分に自信を持つ。みんなで合わせて良い音楽を作る。
先生が歌い方のお見本を、何度も歌って聞かせて下さいました。

「王朝の風」ソプラノはもっと音楽的に歌う。

メゾ、アルトはハーモニーを感じて、美しいハーモニーを作る。

意識する事で、がらっと変わる。
意識する事で出来るのだから、初めからみんなで意識する。

良いコーラス、良いハーモニーをみんなで作る、と言う事を改めて、考えさせられた今日のレッスンでした。

みんなで、美しいハーモニーも奏でられるように、アンテナ立てて、意識を高く持って頑張りましょう!

次回練習日 10/25(木)柏原先生 石井先生
講座室C  13:45〜16:15


練習日誌〔9/27〕

練習日誌 9月27日 (木) 平中先生 石井先生

 

発声練習

 

マー、モー(音が高くなるほど、目より上を、イメージする)

マメマメ(拍が送れないように)

 

シネマ

A メロディを歌っているのが、どこのパートかをはっきりさせる。グィとでてほしい。

R オクターブは、ずりあげないで、スムーズに。

S メゾ、アルトはRの時と同じ歌い方をする。楽しないで。

最後は、197小節に向かって歌う。その前に、使い果たさないこと。

 

王朝の風

もっと、はっきりした感じが、良いかも知れない。

ウー、アーの人が音楽を動かしていると、思ってもっと歌ってほしいです。

タイや、ふてん音符の音は、より歌ってあげる。

調号のついている音は、特に意識する。

 

夕焼け

最初の お母さんの入りが、遅れる。

P28まで各パート音取り。

 

 

次回練習 10月4日(木) 平中先生 石井先生

 

講座室C 13:45〜16:15-


練習日誌〔9/13〕

練習日誌  9月13日(木)

竹内先生  石井先生

練習曲      「王朝の風」、「シネマミュージックメドレー」

はじめに:
    先週ご指導して頂いた事を、忘れずに積みあげて、練習してまいりましょう!

発声において:
アルシス・ティシスの解説をして下さいました。

・「夏の思い出」を歌いました。(言葉の頭に重みが
くるように歌いましょう)

◎練習曲:何回も階名読みをして、覚えましょう。
「王朝の風」の歌詞をひもときながら、どのように歌ったら良いかを、ご教授下さいました。
(主観的な感情をださずに、タンタンと語るさまのように歌いましょう)

◎他:お二人の見学者がいらっしゃいました。

◎本日も、丁寧なご指導に、感謝致します。

次回の練習  9月20日(木)
本練習         13時45分〜(講座室C) 
 竹内先生  石井先生


| 1/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode