☆☆〜輝きをもう一度〜☆☆

☆☆〜輝きをもう一度〜☆☆

 

コールユーブンゲン、フォスター名曲集 何時か口ずさんだ曲であるけど

今歌うと改めてこんなにも難しいものかと歌に対する私のハードルの高さ

が痛く感じられます。パート練習がなくなり練習することがたくさんあります!

技術力、理解力 共に追いつくのに必死です。

 

でもリベラの良さは最高!だと気付きました。それは有難い事に貴重な

ブログの解説です。レッスンで聞き忘れたこと、気が付かなかったこと、

忘れていた個所を知る事が出来て大変役に立っています。

ブログはいま一番の私の参考書です。

 

今年も一進一退、余儀なくされることは否めない事実です。しかし足並みが

揃えられる様頑張る気力は十分です。

 

健康の有難さを実感し歌えることの喜び幸せをかみしめながら今年も

リベラの皆さんと合唱できますこと大変嬉しく思います。

 

K.H


練習日誌〔2/15〕

リベラ練習日誌 2月15日(木)
柏原先生  石井先生

 

発声のポイント
・声帯をゆるめる=舌や顎に力を入れない=エアエアで音取りをする
・声は口からでなく頭頂部或いは後頭部から出す
・F#あたりから愕関節を後ろに回す=頬骨を上げるorほほ笑む

上記のことを踏まえ、フォスターメドレーを練習した。


「夢路より」
1拍の中に3拍子を感じて歌いましょう。


「草競馬」
ファラドの和音になってる時のドは明るく歌いましょう。

 

「主人は...」
高い音に注意。降りる音は下がり過ぎない。

 

「おお、スザンナ」
高い音注意。旋律から非旋律に代わるときの音程に注意。

 

「ケンタッキーの我が家」
喉が固くなってるよ、ほぐして。

体の使い方に注意して練習しよう。

 

次回は2月22日(木)、竹内先生 石井先生です。
1時15分集合 講座室Cにて


練習日誌〔2/8〕

 

練習日誌 2月8日(木)
竹内先生 石井先生

発声練習
ドミソ ゲーム
ラドミ ゲーム
長三和音・短三和音を学ぶ
体で音楽を感じること

練習曲
生きる
・とくにメゾ→P24、25、27しっかり音を取る。
・アルト→ルルルルル→舌が固くならない様に。
・ユニゾンになる所→一体感があるように。
・鼻濁音→口も開けず、舌もつけない。
息を流す為にどうしたらよいか練習を重ねよう。

フォスター名曲集
・ピアノの音を良く聞く。
・言葉がわかるようにメロディにのせる。
・つなげて歌う。

次回の練習 2月15日(木)
本練習 13:45−16:15 小ホール
柏原先生 石井先生


練習日誌〔2/1〕

練習日誌 2月1日(木)

平中先生 石井先生

 

コールユーブンゲン  「No.17」 f)
◎一人2小節・拍数をとりながら…、
1)とぎれない事。 2)音程を保つ事。(繰り返し練習)

練習曲   崟犬る」  ◆屮侫スター名曲集」; 全曲
◎気をつける事柄
 崟犬る」;低い音でも、明るく。言葉をはっきり歌う。(ルルル…)重くならない事。
言葉のたちあがり遅れない事。拍数分のばす事。等々…細かなご指導を頂きました。
◆屮侫スター」;声が、浮いているように聞こえます。しっかりと、出していきましょう。

次回の練習 2月8日(木)
本練習 13時45分〜(講座室C)
竹内先生 石井先生


練習日誌〔1/25〕

練習日誌 1月25日(木)

平中先生 石井先生

 

コールユーブンゲン

・一人で2小節ずつ順番に歌う

・和声の感じをもって歌う

 

フォスターメドレー

◎草競馬

・言葉をハッキリと歌う

 

◎夢路より

・言葉を滑らかに動かして積極的に歌う

 

◎主人は冷たい土の中に

・主旋律を大切に歌うこと

 

◎おおスザンナ

足踏みをしリズムをとり体を動かし楽しく歌った

 

◎ケンタッキーの我が家

・高い音が硬くならない様柔らかく歌う

 

次回の練習 2月1日(木)

本練習    13:45〜16:15 講座室C

平中先生 石井先生

 


練習日誌〔1/18〕

練習日誌 1月18日(木)

竹内先生 石井先生

 

コールユーブンゲン(順番にひとり2小節ずつ歌う)

・テンポを保つ。

・歌う1小節前から息をして準備する。

・前の人の音程をよく聞く。

 

フォスターメドレー

・草競馬

言葉を誰もが正確に歌うこと。

 

 

・夢路より

歌詞を母音で読んで歌う。そうすることで全員が同じ所で同じ様に口を開けることができる。つまり「揃う」ということだ。

時間をとって歌詞を母音読 みできるよう筆記した。母音読みで何度も歌いコーラスした。成果はまだ表れないので宿題になった。

歌は朗読ではないので語ろうとしなくてもよい。言葉より母音が大事だ。

 

・主人は...

高い音をエネルギッシュに出す方法として「ずり上げ」を練習した。ずり上げることで高い音を力強く出せるようになる。

徐々にずり上げず歌えるようにするとよい。 

 

・おおスザンナ

「軽快に歌えた。フォスターの楽しさがやっと出てきた」とほめられた。(調子にのってはいけない )

 

・ケンタッキー...

高音でも「p」で歌うところが多い。 レガートでなめらかに歌ってほしいのに、ブツ切れになっている。

ah−やuh−は、言葉にできない溢れる感情を表現しましょう。等等合格にはほど遠い。

「各自、母音で歌う練習を必ずしておいて。」

 

 

来週(1月25日)は、平中先生と石井先生の指導でフォスターメドレーと「生きる」を練習します。


練習日誌〔1/11〕

練習日誌 1月11日(木)

竹内先生 石井先生

 

新年を迎えリベラは♪どう歌うか どう生きるか♪のスローガンのもと

練習にはいりました。

 

発声練習

.◆璽ぅ▲ぅ▲ぁ繊´▲ーイオイオイ〜 エーイエイエイ〜 で発声。 

並びの1列目2列目3列目と順番で発声その後2人、3人で発声の指導を受ける。

’お正月’’どこかで春が’’春が来た’を歌い、息の流れのなかで言葉をつなげる

ことが重要であり意識して歌いました。

 

練習曲

草競馬 夢路より 主人は冷たい土の中に おおスザンナ ケンタッキーの我が家

 

フォスターの曲はお馴染みですが下のパートは難しいので階名でよく歌っておきましょう〜

今年も先生のおっしゃられているうつくしい合唱をめざし励みましょう〜

 

次回の練習 1月18日(木)

練習    13:45〜16:15   ゆうあいプラザ

竹内先生 石井先生

 


練習日誌〔12/21〕

練習日誌 12月21日(木)

平中先生 石井先生

 

◎発声練習

 

◎コーリューブンゲン

2人づつ4小節をつなげて止まらない様に歌う。

同じく1人づつ歌う。

 

◎練習曲

フォスター名曲集

・ケンタッキーの我が家・草競馬・夢路より・主人は冷たい土の中に・おおスザンナ

音取りと復習をする。

 

盛りだくさんの一年でしたが、それぞれに努力しいろいろなことをたくさん学びました。

 

静かに顧みて反省し元気で来年も活動できる様、体調を整えて学んだことを練習に

活かし一緒に励みましょう〜歌えることの喜びを感じて〜。

 

次回の練習 1月11日(木)

本練習 13:45〜16:15  講座室C

新年会 17:00〜19:00  ラ・ベル・フォンテーヌ

竹内先生 石井先生 平中先生


慰問に参加して

リベラのブログに記載するとかで初めてペンをとりました。

先生始め団の皆さんにはご迷惑やらお世話のかけっぱなしで

木曜日近くになると今度こそ永い間お世話になりました〜と

お別れのご挨拶をとその度に思っていました。

 

遠征は勿論、多岐にわったてお世話になることは分かって

いましたがお陰さまでクリスマスの慰問に行くことができました。

 

当日は皆さんに手伝っていただき病院の介護施設でクリスマスソングや

富山に伝わる民謡を頑張って歌いました。

 

終わって退場の時男性の高齢者に呼び止められ手をとって「がんばって下さいネ」と

声をかけられました。ボランチィアに行った筈が元気づけられて帰ってきました。

 

M.W


練習日誌〔12/14〕

練習日誌 12月14日(木)

竹内先生 石井先生
はじめに、
コールュブンゲン  「No.17」 c)
◎二人一組で、4小節づつ、拍を数えながら、(体の中で確認できるように)
しっかりと、ひたすら、タタク事を学びました。
練習曲  「フォスター名曲集」−"草競馬"〜"おおスザンナ"

◎ "草競馬" と "主人は冷たい土の中に" は、上段がアルト、下段がソプラノが歌います。
◎言葉の注意箇所がありました。
  ”‖音について。  ■牽仮節及び、89小節の2カ所に(う)を挿入。
※今年は次回で終わりますが、仕上げの心つもりで健康的な声で歌っていきましょう。


次回の練習 12月21日(木)
本練習 13時45分〜(ゆうあいプラザ)
平中先生 石井先生


| 1/44PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode