練習日誌〔7/12〕

練習日誌 7月12日(木) 

 

 

平中先生 石井先生

はじめに、

発声練習を行いました。

◎途中、肩のストレッチをして、ほぐしました。

 

練習曲  1、「越中おわら; 2、「春の雨」; 3、「生きる」; 4、「金色の実」

 

1、越中おわら

  ・2番3番の言葉が、あやふやなので、体に覚えさせる事。(例;1日一回は、読む。)

2、春の雨

  ・母音が変わる時も、同じ音色で歌う事。

  ・ブレスをする前に、次に歌う言葉を準備して、つなげる事。

  ・又、音の上下にきをつける事。

3、生きる

  ・言葉は、わかるように、きちんと歌う事。

 

4、金色の実

  ・最後の言葉、きんいろ→響くように、そして丁寧に、歌う事。

 

◎きめ細やかな、沢山のご指導を、頂きました。

(ありがとう ございました。)

 

 

次回の練習 7月19(木)

本練習 13時45分〜(講座室A)

平中先生 石井先生


練習日誌〔6/28〕

練習日誌 6月28日(木) 竹内先生 石井先生

 

先日は、市民音楽祭、お疲れ様でした

今回は、譜面を持って歌いました。

 

*発声練習  壁に向かって立つ(反響で自分の声を、確認する)

 

練習曲

*生きる

*金色の実

*おわら

*シネマミュージック

 

悲しい曲でも、明るく豊かに歌う

声をぶつけると、豊かにならない。

音符の音は、すべて音にする。

 

伴奏から、次のハモりの世界を、予測して、自分から入って行く。

 

4分音符の長さ以上は、ハモって欲しい。

 

こうやって、歌いたいと言うことを、みんなの意思で持って行く。

 

新団員の方1名いらっしゃいました。

よろしくおねがいします。

 

次回練習  7月5日(木)  自主練習

13:45〜16:15  講座室C

練習予定曲  おわら   春の雨ほか


<素晴らしい先生に教えていただいてる私達リベラ>

<素晴らしい先生に教えていただいてる私達リベラ>

 

 毎日不順な天候が続いてますが、週1度の2時間30分の貴重な時間を

大切に過ごしております。

 いつも笑顔と意識、姿勢を忘れずに こんな素敵な先生方にレッスンを

受けているのですものワクワクしないと・・・・

 6月24日の本番(取手市民音楽祭)にはリベラが上手になったねという声を

聞きたいですね。

 

.好泪ぅ襦´意識 姿勢 頑張りましょう。

 

2018年6月 KK


練習日誌〔6/21〕

練習日誌  6月21日(木) 竹内先生 石井先生

 

 *発声練習  母音の練習 (イエアオウオアエイ)

 

 取手市民音楽祭に向けて 楽譜を見て唄う練習と

 2曲続けて通す練習をしました。

 

 *練習曲

 金色の実 3つの曲想変えて歌う

      息の吸い方を注意して、どういう風に唄うか意識して揃える

 生きる  次の言葉の用意を意識すること

 

 息を沢山吸って 身体をいっぱいに広げて唄って

 音楽祭頑張りましょう!

 

次回練習 6月28日(木) 13:45〜16:15 講座室C

竹内先生 石井先生


練習日誌〔6/14〕

 

練習日誌 6月14日

 

竹内先生  石井先生

 

 

6月24日の取手合唱祭に向けて、楽譜を離して練習しました。

 

生きる      生きる事の大変さ、素晴らしさを、音楽で表現する。

               

金色の実  大きな2拍取りを感じる事。

 

 

合唱としておかしい歌い方をしない。

先生が沢山お手本を歌ってくださいました。

みんなで歌い方を揃えましょう。

1週間熟成させて、来週練習に来るのが楽しみで仕方ない!と思える1週間にしましょう。

合唱祭まであと10日、練習もあと1回です。

良い本番になる様に、また、そこで終わりではないので、次の演奏に繋がるような演奏が出来るよう、みんなで頑張りましょう♪

 

次回練習6/21(木)13:45〜16:45講座室A

竹内先生  石井先生


練習日誌〔6/7〕

練習日誌  6月7日(木)竹内先生 石井先生

*発声練習  (声帯の位置の意識 耳で音の確認)

 

練習曲

*生きる

*金色の実

 

暗譜に向けて楽譜をところところはずしました。

フレーズをどうつなげて唄うかメロディーライン考える

生きてるリズムを感じて、ハモる歌い方で、アンサンブルをする

一人一人が自由に歌っているけれど でも揃っているエネルギーを感じて感動してもらえるように頑張りましょう!

 

次回練習 6月14日(木) 13:45〜16:15 講座室C


練習日誌〔5/31〕

練習日誌 5月31日(木) 

 

 

竹内先生 石井先生

はじめに、

発声練習を行いました。

◎息の流れを鼻からだす発生方法+指で鼻を塞いで、無音の確認。

今日も新鮮な、ご指導を頂きました。

 

練習曲  1、「金色の実」; 2、「生きる」

来週で、練習曲2曲・暗譜を確実なものにします。

(来週チェックを行います)

 

1、金色の実

  ・みんなで同調させる事が大切です。

  ・特に、P46「あたえられた〜」、「いま-ここに〜P47いる」の

   2カ所を、しっかり歌えるようにしておく事。(AorM)

 

2、生きる

  ・4拍子を感じて歌う事。

  ・音楽の構築力(デッサン力)を表現していきましょう。

  ・3つのパートが、ハーモニーになるように歌いましょう。

  ・曲最後の詩「る--」を紐解いて下さいました。

   「ピアノの動きを感じながら、すぐ終わらず、一生懸命生きている・様、そのものに繋がる終わりかたの曲です。」

 

◎全体を通して、

  ・切って歌わない事。

  ・歌い方を揃える事。

  ・アンサンブルの基本を改めてご指導頂きました。

(沢山のご指導を、ありがとう ございました。)

 

 

次回の練習 6月7日(木)

本練習 13時45分〜(ゆうあい音楽室)

竹内先生 石井先生


練習日誌〔5/24〕

練習日誌5月24日(木)

平中先生、石井先生

 

全体で発声練習

各パートごとに発声練習

 

練習曲

1.金色の実

小節を区切って、各パートごとに練習

特にハモりの具合や、リズム(足踏み)を確かめながら、最後までいきました。

*今日歌った、歌い方で次回も、やって下さいとの事です。

 

2.生きる

最後に一回、歌いました。

 

次回の練習

5月31日(木)

本練習 13時45分〜(講座室C)

竹内先生 石井先生


練習日誌〔5/17〕

5月17日 練習日誌 

 

竹内先生  石井先生

 

 

発声練習

 

地球の赤道に突き刺すのではなく、

北極の上を通るように声を出す。

 

 

生きる    もっと音楽的に歌う。

 

金色の実り  大きなフレーズで歌う。

 

2曲共に、合唱としておかしい歌い方をしないように、

細かいご指導がありました。

 

 

こきりこ 

 

むぎや

 

本番に向けて、ピアノともっとアンサンブルする事等、

ご指導がありました。

 

 

いよいよ5/20はムジカ本番です。

体調を整えて、良い本番を迎えましょう。

 

5/20は9時 ゆうあいプラザに集合

 

 

次回練習 5/24(木)13:45〜16:15 講座室C

 

平中先生  石井先生

 


練習日誌〔5/10〕

練習日誌 5月10日(木) 

竹内先生 石井先生

 

〜「ムジカフェスタ・ディ・つくば」を10日後にひかえ、

殊に集中して歌っていきましょう〜からスタートしました。

 

◎初めての発声方法の方もいたと思われる練習を行いしました。

始めに、(口を閉じてム〜〜)間をあけず(口をあけて〓ム〜〜)⇒同じ響きになるように、

そして、息は↑に…。

難しいですが、日常でも、練習しましょう。

 

練習曲:

 1、「こきりこ・むぎや」

  2、「金色の実」

  3、「生きる」

 

◎上記1の曲;

「ウインド・チャイム」の楽器を加えて、歌いました。

特に気をつける点は、テンポに遅れない事です。

◎数々のきめ細やかな、多くのご指導をして頂きました。

◎今日の声の意識を忘れる事なく、次回に繋げましょう。

 

 

次回の練習 5月17(木)

本練習 13時45分〜(講座室C)

竹内先生 石井先生


| 1/46PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode